東京の医療脱毛、安いけど月額制だと金利がかかる?

以前と比べると医療脱毛は安い料金設定となってきましたが、それでも全身脱毛ならそれなりの金額がかかります。

一括で支払える人は良いですが、多くの人がローンを利用しているのではないでしょうか。

ローンとなると必要なのは金利です。

支払い回数が多くなると金利も増え、元の脱毛料金よりもかなり高くなってしまいます。

せっかく契約しても、医療脱毛はクーリングオフ制度がないので解約になってしまい違約金が発生することにもなりかねません。

■参考→《[クレジット]医療脱毛の契約解除について

そのためローンを組みたくないという人におすすめの制度があります。

【金利なしの月額制】

東京にある医療脱毛クリニックでは、月額制を導入しているところがあります。

30万円近い金額を一括で支払うのはきつい、かといってローンを契約すると金利がかかる、そんな人に月額制で契約して支払いの負担を軽減し、安心して脱毛に通えるようにと考えられたものです。

月額1万円前後ですから支払いしやすいですし、金利はかからないのでおすすめです。

【金利の有無で支払額に差が】

金利があるのとないのとでは、支払額に大きな差が出てきます。

ローンの場合は、支払回数が増えるほど月額の支払いは楽ですが、その分金利が多くかかります。

支払総額をみてみると、もともとの脱毛金額よりも10万円くらい高くなっていることもあるのです。

【月額制を導入しているところがおすすめ】

エステサロンは月額制を導入しているところが多くなってきており、それに伴って医療脱毛クリニックでも導入するところが増えてきたようです。

東京には多くの安い医療脱毛クリニックがありますが、月額制を導入しているところが通いやすいのではないでしょうか。

Comments are closed.